甲州ブランド-商標登録.org > 甲州ブランド情報 > 信玄餅

信玄餅

日本百名山の甲斐駒ヶ岳のあたりは、白と黒の花崗岩が多く見られる地域です。
白く輝く花崗岩の岩肌を磨き流れ落ちる名水・尾白川の水は、日本名水百選に選ばれています。このため、飲料水や清涼飲料、酒造メーカーがいくつも酒蔵や工場を連ねています。

美しい自然の中にある甲州街道台ヶ原宿の素朴な街並みの一角に、金精軒はあります。明治35年より和菓子を丹精込めて作り続ける菓子メーカーです。

いまや山梨県のお土産としてなくてはならない信玄餅も、もとは武田信玄が出陣の際に、非常食糧として欠かせなかった切り餅にちなんで創作されたものです。
黒蜜ときなこをたっぷりとまぶして食べる信玄餅は、飽きの来ない美味しさです。

信玄餅は、国産餅米粉の味と風味を生かすために、日持ち加工をぎりぎりまで抑え、餅米の配合比率にこだわり、搗き立ての餅のおいしさを和菓子に生かしています
信玄餅の原料は、砂糖・餅米粉・黒蜜・きな粉・水飴を厳選し、しかも防腐剤、合成保存料は一切使用していません。

信玄餅のおいしさを究極まで高めた限定の和菓子が、極上生信玄餅です。
山梨の米処、北杜市で収穫された梨北米100%で作られています。
お米のうまさを引き立てるため、砂糖の量も従来品の半分にしています。
「生」であるため、限定店でしか取り扱っていませんが、東京・日本橋にある「富士の国やまなし館」では毎週水曜日に販売を行っているとのこと。数量限定となっています。